大阪府摂津市のサンフロロシステム株式会社は、心を込めたものづくりを徹底し、APVライニング製品の供給を通じて社会に貢献いたします。

 

NEW-PTFE APVについて

 

NEW-PTFE APVとは

NEW-PTFE APVとは
 
安定した分子構造と高い分子量の原料(New-PTFE M111)から、PCT(国際特許)で生産されたNew-PTFEシートはガラスクロスをラミネートして理想的なライニング材料New-PTFE APV(PCT)へとパワーアップします。
 

NEW-PTFE APVの性能

NEW-PTFE APVの性能
 

表面(接液面)   優れた平滑性を有し洗浄性を高めています。
中核部 
 
高比重・高結晶層で構成され、薬液・ガスの透過を防いでいます。
裏面(接着面)
高結晶を抑え、タンク形状に柔軟に沿い易く、ガラスクロスとの強固な積層によりタンクとの接着強度を高めます。

 

NEW-PTFE APVの特徴

NEW-PTFE APVの特徴
 
 → 表面平滑性     → 耐薬液透過性   → 溶接信用性  → ガラスクロス積層安定性
 

表面平滑性

表面平滑性
 
各種ライニング材料の表面(接液面)を1万倍に拡大して比較すると、APVの表面は平滑であることがわかります。特に高純度用途の洗浄性に効果を発揮します。
 

耐薬液透過性

耐薬液透過性
 
耐食性が特に優れたフッ素樹脂でも比重、結晶化度など原料および成形方法で耐薬液透過性能に大きな差がでます。
薬液透過の特に激しい98%濃硝酸で、加速試験いたしました。
 

溶接信頼性

溶接信頼性
 
タンクライニングのトラブル要因は溶接部の破壊に多く見られます。APVは溶接材のPFAと同じ側鎖をもつ分子構造を有しており、安定した溶接ができます。
 

ガラスクロス積層安定性

ガラスクロス積層安定性
 
曲げ加工にガラスクロスが追従できないと安定したライニング施工はできません。APVは積層強度管理を行っています。下記の写真は極端な曲げ加工試験を行った例です。
強固なガラスクロス層は母材との熱膨張差や輸送容器にかかるねじれ、振動など外力に対する緩衝材としても効果的に機能します。
qrcode.png
http://www.sunfluoro.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
サンフロロシステム株式会社
〒566-0052
大阪府摂津市鳥飼本町3丁目8番地23号
TEL.072-653-2210
FAX.072-653-2216
036027
JQA-QMA15735
<<サンフロロシステム株式会社>> 〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町3丁目8番地23号 TEL:072-653-2210 FAX:072-653-2216